橋本奈々未 篠田麻里子のオーラ超え風潮に喝!センター曲はロック調か

橋本奈々未 篠田麻里子

今回、ピックアップするのは、橋本奈々未さんです。以前はよく似ているといわれていた篠田麻里子さんとの比較や、センター曲のことなどについて考えてみたいと思います。
出典:http://womagazine.jp/22260

スポンサーリンク


橋本奈々未のオーラは、篠田麻里子を超えたか

最近ファンになった人には、あまりピンとこないかもしれませんが、橋本奈々未さんは、乃木坂46が売れ出したころに、よく当時AKB48の篠田麻里子さんと比較されていました。当時、橋本奈々未さんがショートカットだったことが、比較されるきっかけだったのでしょう。

AKB48の初期の代表曲「会いたかった」をマイナー調にアレンジした乃木坂46の「会いたかったかもしれない」のMVで、篠田麻里子さんのカットに橋本奈々未さんが配役されていたことも大きな理由です。他にも、グループのお姉さんメンバーである点、身長が高くモデルとしても活動している点、Sキャラである点などが共通しています。

あらためて比べてみると、確かに共通点もありますが、最近では橋本奈々未さんの知名度が高くなって、篠田麻里子さんのマスコミへの露出が少なくなってきたことから、比較されること自体が少なくなってきたようです。

関連記事 乃木坂46橋本奈々未・恋する文学「夏の旅」北海道の叙情的風景に期待
関連記事 橋本奈々未 美人に髪型やショートの特徴など不要!乃木坂のホイホイ役
関連記事 橋本奈々未の天才的学力〜頭いいのに天然!大人な交友関係

「橋本奈々未のオーラは篠田麻里子を超えた」といった記事もブログなどで見かけるようになりました。確かに、最近の橋本奈々未さんには、ある種の神々しささえ感じることがあります。

モデルとしても大活躍

橋本奈々未 モデル出典:http://mdpr.jp/news/detail/1586428

ますます美しさに磨きがかかっている橋本奈々未さんですが、先日(2016年5月21日)は、白石麻衣さんと共に、女子大生向けのイベント「TGC CAMPUS 2016 Spring Edition supported by beachwalkers.」にシークレットゲストして参加しています。男性だけでなく、女性からの人気が高いのも、橋本奈々未さんの強みですね。最近の幅広い人気の集め方を見ると、確かに篠田麻里子さんを超えたようにも感じます。

しかし、篠田麻里子さんも、かつては「タレントCM起用社数ランキング」で、女性部門1位になったこともあるくらい、全盛期の人気はすごいものでした。比較するなら、橋本奈々未さんの卒業後の活動も踏まえて比べないとフェアではないかもしれません。


スポンサーリンク

「上から奈々未?」センターで卒業?

その橋本奈々未さん自身は、まだ具体的に卒業のことは考えていないらしいのですが、ファンとして気になるのは、卒業までにセンターに立つことがあるのかということではないでしょうか。先ほど話題にした篠田麻里子さんには、「上からマリコ」というセンター曲がありました。「卒業までに一度はセンターに立ってほしい」という期待もありますが、以前から橋本奈々未さんは、「センターになったら卒業する」という噂がありますから、ファンとしては微妙なところです。

関連記事 【乃木坂46】橋本奈々未引退卒業後は北海道旭川へ?オフィスキューとか…
関連記事 【決定】乃木坂46 16thシングルセンターは橋本奈々未!選抜メンバーも
関連記事 乃木坂46ポジション歴代まとめ【橋本奈々未】篇・福神・フロント・2列目

卒業のことはさておき、橋本奈々未さんのセンター曲が作られるとするとどんな曲になるのでしょうか。橋本奈々未さんといえば、フジファブリックや、BUMP OF CHICKENといったロックバンド好きで知られています。「スクール オブ ロック」というラジオ番組内のワンコーナー、「ガールズ ロックス」でパーソナリティーを務めているくらいです。もっとも、この「ロック」は、「ROCK」じゃなくて「LOCK(鍵)」なんですけどね(笑)。

普段の乃木坂46の楽曲とはイメージが変わりますが、橋本奈々未さんの好みを反映させて、センター曲はロック調のものでも面白いのではないでしょうか?

以上、橋本奈々未さんと篠田麻里子さんを比較しつつ、センター曲について考えてみました。ちなみに、先ほど挙げた「GIRLS LOCKS」では、5月18日と19日に深川麻衣さんがゲストに来てくれていました。特に、19日の放送は、橋本奈々未さんと深川麻衣さんが卒業のことなどを語り合っている神回でした。

関連記事 深川ロスを乗り越える3つの方法〜推し変か箱推し 単推しは乃木坂卒業?
関連記事 深川麻衣の卒業の理由 今後は女優として活動か 聖母エピソードも

放送は終わってしまいましたが、番組のHPで、放送後記として全編文字起こししたものを掲載してくれています。放送を聴けなかった人は、要チェックです。


スポンサーリンク


この記事が良かったら
いいね!しよう

nogizora2ndを
Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク


乃木空2nd UNEXT 乃木坂46






◢ こちらも読まれています!


元村

元村ライター

投稿者プロフィール

ライターとしての経験は3年程度、八王子市在住です。
メンバー同士で、わちゃわちゃしているところが好きなので、楽曲よりも、バラエティで乃木坂46のファンになりました。
基本的には、「乃木坂46箱推し」で、できるだけ沢山のメンバーに陽が当たって欲しいと思っています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

限定特典が残りわずか!?

齋藤飛鳥1st写真集「潮騒」

【セブンネット限定表紙】

白石麻衣2nd写真集

橋本奈々未2nd写真集

【セブンネット限定表紙】

17thシングル特集記事!

乃木坂46,17th,画像,白石麻衣,センター,寺田蘭世

橋本奈々未ラストシングル特集!

乃木坂16thシングル選抜
アップ トゥ ボーイ4月号(セブン限定特典付き)

【注目記事】君の名は橋本奈々未

59923890

【注目記事】評判が過去最悪のDVD?

乃木坂46 3rd YEAR BD LIVE DVD

【特集記事】3期生は誰を推す?

【乃木坂46・3期生】推しメン決まった?誰がかわいい?年齢出身まとめ

アンケート付き記事一覧

polls
回答結果はこちら
アップ トゥ ボーイ5月号(セブン限定特典付き)

まいまい最後のNOGIBINGO!

秋元真夏1st写真集・真夏の気圧配置

桜井玲香1st写真集・自由ということ

セブンネット限定特典付き

【注目記事】NOGIBINGO!あれこれ

【ピックアップ記事】

  1. 乃木坂46,文春,週刊文春,メンバー,悪夢
    いや、嘘だろ!! きっと僕と同じように叫んだ人は多いはずです。 週刊文春の公式ツイッターアカウ…
  2. 欅坂46では渡邉理佐さんとともに「ザ・クール」と呼ばれ、独特の雰囲気と、クールな目元が人気の志田愛佳…
  3. 2016年12月19日より、3期生のOFFICIAL BLOGが開設された乃木坂46。3期生の活躍に…
  4. #乃木坂46 #樋口日奈 #17th #個握 #ドラえもん
    8th『気づいたら片想い』以来の選抜入りを17thで果たした乃木坂46・樋口日奈。 しかし、『…
  5. 【悲しみの忘れ方】ネタバレ見どころと感想まとめ〜乃木坂という珠玉
    乃木坂46の初のドキュメンタリー映画「悲しみの忘れ方」を久しぶりに見直しましたが、やっぱり名作ですね…
  6. 乃木坂46料理番組開始!グルメ選抜〜白石麻衣・秋元真夏・生田絵梨花
    11月20日、秋元真夏と堀未央奈が出演したShowroomで、発表された新番組。 乃木坂46の…
  7. 乃木坂46 アルバム 2nd
    2016年5月25日、乃木坂46の2ndアルバム「それぞれの椅子」が発売されます。乃木坂46はこれま…
  8. 乃木坂46【My first baito】メンバーの出演予想!17th十二福神で1クール?
    2017年4月13日よりフジテレビでスタートする乃木坂46出演の新番組『My first baito…
  9. 橋本奈々未卒業ライブは札幌ドームか真駒内スタジアム
    「乃木坂工事中」にこんな場面があったの覚えていますか? 都市伝説って現実になるんだなぁって思いました…
  10. 乃木坂46の二期生と言われると、誰が真っ先に思い浮かぶだろうか? おそらく「堀未央奈」の顔が頭…

最強メンは誰だ!?

乃木坂 人狼

やっぱ御三家といえば? ※3人まで回答可

vote

読み込み中 ... 読み込み中 ...

3期生は誰を推す? ※複数回答可

vote

読み込み中 ... 読み込み中 ...
br

【総合人気記事】

  1. 乃木坂16th「きっかけ」シングルカットで紅白へ!この筋書きはあるか
  2. 【悲しみの忘れ方】ネタバレ見どころと感想まとめ〜乃木坂という珠玉
  3. NOGIBINGO動画まとめ【一気見】U-NEXTの申込と無料期間の解約
  4. 乃木坂3期生の握手会参加はいつ?16thミリオンへの運営の戦略は
  5. きっかけ 乃木坂46
  6. 齋藤飛鳥 成長
  7. 御三家 卒業
  8. 北野日奈子 学生時代
【夢の先へ】彼女たちの今、そして未来
ページ上部へ戻る