欅坂46のリアクションやバラエティ力に見る乃木坂46への猛追!

KEYABINGO!,欅坂46,乃木坂46

「KEYABINGO!」に続いて、「徳山大五郎を誰が殺したか?」も始まり、欅坂46の勢いが止まりません。乃木坂46の後を猛スピードで追いかけている欅坂46は、乃木坂46に追いつこうとしているのでしょうか。

出典:http://aikru.com/item/I-PA000000000000069208

スポンサーリンク


乃木坂46の路線を踏襲する欅坂46

言うまでもないと思いますが、「欅って、書けない?」は「乃木坂って、どこ?」を、「KEYABINGO!」は「NOGIBINGO!」を踏襲した番組です。欅坂46がデビュー早々に2つも冠番組が持てたのは、乃木坂46の成功があったからこそだといえます。「徳山大五郎を誰が殺したか?」という主演ドラマも、「初森ベマーズ」がなければ、こんなに早く実現することはなかったでしょう。

私自身は、乃木坂46も欅坂46も応援していますし、欅坂46が活躍する場が増えることは嬉しいことなのですが、乃木坂46を主に応援している人の中には、乃木坂46のメンバーたちが努力して切り開いてきた道を、欅坂46は簡単に歩んでいるように見えて、複雑な心境になっている人もいらっしゃるかもしれません。

KEYABINGO!はリアクション頼み バラエティ力はこれから

しかし、乃木坂46のファンは、まだ当分は「乃木坂46は欅坂46に追いつかれ、追い抜かれてしまうのではないか」と心配する必要はなさそうです。というのも、「KEYABINGO!」を見ていると、乃木坂46の成長がよく分かるからです。

「NOGIBINGO!」には、「妄想リクエスト」や「勝手に国民的妹コンテスト」といった人気企画がありますが、これらの企画は「KEYABINGO!」では行われていません(この記事を書いている時点で企画内容が判明しているのは♯5まで)。

関連記事 NOGIBINGO6の深川握手会は永久保存版!DVD特典は?爬虫類や乃木猫も
関連記事 欅坂46 人気と売上好調に潜む影〜格差と序列 ひらがなで広がる不安
関連記事 欅坂46が乃木坂真夏の全国ツアー2016に出演?明治神宮・静岡・愛知か

今のところ「KEYABINGO!」で行われた企画は、ドッキリやゲーム対決(及び罰ゲーム)がメインです。

つまり、「NOGIBINGO!」では、メンバーの演技力やバラエティ力が問われる企画が行われているのに対して、「KEYABINGO!」では、メンバーの素(す)のリアクションで勝負できる企画が多いのです。番組のスタッフから見ても、欅坂46メンバーのバラエティ力は、まだまだということなのでしょう。


スポンサーリンク

ドラマ経験で変わるか?欅坂46独自の魅力も

具体的には、「乃木坂工事中」を見た後に「欅って、書けない?」を見ていると感じることですが、乃木坂46のメンバーは、メンバーだけでも「ツッコミ」ができるのに対して、「欅って、書けない?」のツッコミは、まだまだMCの二人に頼っている感じがします。これはやはり経験の差というものなのでしょう。

秋元真夏さんのボケに対するメンバーのツッコミが典型的ですが、乃木坂46の約5年間の活動の中で作られてきた彼女たちのキャラクターや、メンバー同士の関係性といったものが、絶妙のコンビネーションを生んでいます。乃木坂46と比べると、欅坂46は、まだ各人のキャラクターも固まっていませんし、メンバー同士の絆も深まっていないと言えるのではないでしょうか。

もっとも、これから欅坂46のメンバーのバラエティ力も高まっていくはずです。きっかけの一つは、ドラマの経験でしょう。「徳山大五郎を誰が殺したか?」というドラマの主演を、こんなに早い時期にやれたことは、今後の彼女たちの成長に確実に繋がっていくと思われます。キャラクターを演じる経験を積むことは、バラエティにも生きてくるはずです。

ここまで「欅坂46はまだまだ」と書いてきましたが、一方で、バラエティに慣れていない、デビュー間もない時期だけの「初々しさ」というのは、欅坂46独自の魅力です。考えてみると、「乃木坂工事中」を見た後に「欅って、書けない?」を見ることができる、「NOGIBINGO!」が終了したら、後番組で「KEYABINGO!」が始まるというのは、ファンとしては非常に恵まれた環境です。

乃木坂46メンバーの熟練の技(笑)を堪能しつつ、欅坂46メンバーが成長していく姿を楽しむというのが、坂道シリーズの正しい楽しみ方なのかもしれません。

最近(2016年7月23日)、「KEYABINGO!」の毛利プロデューサーのツイッターに上のツイートがなされたことで、「KEYABINGO!」でも「妄想リクエストがあるのか!?」と話題になっています(カメラマンが、「NOGIBINGO!」の妄想カメラマンと同じ人)。本当に「KEYABINGO!」で妄想リクエストがあるのか、欅坂46メンバーにファンを萌えさせる演技ができるのか、目が離せません。


スポンサーリンク


この記事が良かったら
いいね!しよう

nogizora2ndを
Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク


乃木空2nd UNEXT 乃木坂46






◢ こちらも読まれています!


元村

元村ライター

投稿者プロフィール

ライターとしての経験は3年程度、八王子市在住です。
メンバー同士で、わちゃわちゃしているところが好きなので、楽曲よりも、バラエティで乃木坂46のファンになりました。
基本的には、「乃木坂46箱推し」で、できるだけ沢山のメンバーに陽が当たって欲しいと思っています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

限定特典が残りわずか!?

齋藤飛鳥1st写真集「潮騒」

【セブンネット限定表紙】

白石麻衣2nd写真集

橋本奈々未2nd写真集

【セブンネット限定表紙】

17thシングル特集記事!

乃木坂46,17th,画像,白石麻衣,センター,寺田蘭世

橋本奈々未ラストシングル特集!

乃木坂16thシングル選抜
BOMB!2017年3月号

【注目記事】君の名は橋本奈々未

59923890

【注目記事】評判が過去最悪のDVD?

乃木坂46 3rd YEAR BD LIVE DVD

【特集記事】3期生は誰を推す?

【乃木坂46・3期生】推しメン決まった?誰がかわいい?年齢出身まとめ

アンケート付き記事一覧

polls
回答結果はこちら
EX大衆 2017年3月号

まいまい最後のNOGIBINGO!

秋元真夏1st写真集・真夏の気圧配置

桜井玲香1st写真集・自由ということ

セブンネット限定特典付き

【注目記事】NOGIBINGO!あれこれ

【ピックアップ記事】

  1. 乃木坂46西野七瀬は設楽派か日村派か?バナナマンお兄ちゃんどっち派問題に迫る1
    西野七瀬さんが10月21日放送のTBS系列で放送中の「クレイジージャーニー」にVTR出演しました!そ…
  2. 山崎怜奈 プロフィール
    今回は乃木坂46の2期生れなちこと、山崎怜奈をwiki風プロフィールで紹介しようと思う。 メン…
  3. 橋本奈々未卒業ライブは札幌ドームか真駒内スタジアム
    「乃木坂工事中」にこんな場面があったの覚えていますか? 都市伝説って現実になるんだなぁって思いました…
  4. 寺田蘭世 生誕祭
    2015年9月に行われた生誕祭の告知チラシが、とにかくおしゃれということで話題を集めていた寺田蘭世。…
  5. 伊藤かりん 生誕祭
    いやぁめでたい!今日(5月26日)は、伊藤かりんの23回目の誕生日ですよ! 最近はグループ内外…
  6. 秋元真夏 MC
    秋元真夏。 アイドルらしい振る舞いや表情がとても上手な上、常に前向きでネガティブなことをまず言…
  7. おしゃれイズム乃木坂きた!自宅や私生活どこまで?白石・西野・生駒篇2
    9月25日放送の吉田沙保里さん回のゲスト欄に【乃木坂46・白石×西野×生駒】と誤報のあった、おしゃれ…
  8. BRODY2017年2月号【3期生表紙】セブン限定は乃木坂かるた1
    武道館でのお見立て会、公式ブログの公開を経て、どんどんメディア露出が盛んになっている乃木坂46の未来…
  9. 伊藤理々杏のヤマハCMかわいい!ジャニオタ男装 闇のツイッター評判…
    2016年9月4日、とうとう乃木坂46の3期生が決定しました。メンバーたちも参加した全国セミナーから…
  10. 寺田蘭世 小顔
    今回は、寺田蘭世さんを取り上げます。 まだシングル選抜の経験はありませんが、徐々に人気を上げて…

最強メンは誰だ!?

乃木坂 人狼

やっぱ御三家といえば? ※3人まで回答可

vote

読み込み中 ... 読み込み中 ...

3期生は誰を推す? ※複数回答可

vote

読み込み中 ... 読み込み中 ...
br

【総合人気記事】

  1. 乃木坂16th「きっかけ」シングルカットで紅白へ!この筋書きはあるか
  2. 【悲しみの忘れ方】ネタバレ見どころと感想まとめ〜乃木坂という珠玉
  3. NOGIBINGO動画まとめ【一気見】U-NEXTの申込と無料期間の解約
  4. 乃木坂3期生の握手会参加はいつ?16thミリオンへの運営の戦略は
  5. きっかけ 乃木坂46
  6. 齋藤飛鳥 成長
  7. 御三家 卒業
  8. 北野日奈子 学生時代
【夢の先へ】彼女たちの今、そして未来
ページ上部へ戻る