欅坂46の2ndシングルに見る今後〜長濱ねるのひらがな兼任と序列

欅坂46 2ndシングル 長濱ねる

先日の「欅って、書けない?」(2016年6月27日放送分)で、欅坂46の2ndシングルの選抜メンバーの発表が行われました。「サイレントマジョリティー」と同様、欅坂46(漢字欅)のメンバーは全員が選抜となり、加えて、長濱ねるさんが選抜入りしましたね。

今回は、長濱ねるさんの選抜入りと、けやき坂46(ひらがなけやき)の今後を中心に、2ndシングル選抜について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク


長濱ねるの漢字欅とひらがなけやき兼任の意味とは?

2ndシングル「世界には愛しかない」の楽曲は、ラジオ「こちら有楽町 星空放送局」で既に解禁されていました。そこに長濱ねるさんの声が入っていたので、「長濱ねるさんが選抜入りしている」ということは、ファンの間では「欅って、書けない?」の放送時には既に知られていました。意外だったのは、長濱ねるさんが昇格ではなく、兼任という扱いになったことです。

ひらがなけやきを単なるアンダーと考えるなら、兼任というのは不自然な感じがします。例えば、「プロ野球選手が1軍と2軍を兼任する」といわれても、何を意味するのか分かりません。

長濱ねるさんの兼任が、今回だけの特例的な扱いなのか、今後も兼任扱いになるメンバーが生じるのかは分かりませんが、「兼任」には特別な意味があると考えるべきでしょう。

兼任から見えてくる、今後のひらがなけやきの方向性

考えられるのは、ひらがなけやきは、漢字欅と独立した活動をすることが予定されているということです。少なくとも2ndシングルの期間は、長濱ねるさんはひらがなけやきとしての活動と、漢字欅としての活動を並行して行う必要があるため、「兼任」という形になったと考えるべきでしょう。

将来的には、漢字欅とひらがなけやきが、AKB48でいうチーム制のように、個々に活動するという可能性があるのかもしれません。ただ、欅坂46の場合、劇場公演があるわけではありませんし、現時点のひらがなけやきに乃木坂46のアンダーライブ的なものを行うことは難しいでしょうから、今のところチーム制にする意味も実現性もなさそうです。

関連記事 欅坂46 人気と売上好調に潜む影〜格差と序列 ひらがなで広がる不安
関連記事 欅坂46の紅白・レコ大新人賞(2016)出場の行方〜乃木坂46との共演は
関連記事 欅坂46が乃木坂真夏の全国ツアー2016に出演?明治神宮・静岡・愛知か
関連記事 乃木坂と欅坂を比較 兼任や移籍の可能性が見えた!ファンへの差別化も

現実的に考えられるのは、ひらがなけやきに独自の楽曲が与えられるといったところでしょうか。

そのときのセンターは、長濱ねるさんが務めるのでないかと予想されます。


スポンサーリンク

2ndシングルの選抜に見る、今後の欅坂46の方向性

欅坂46 2ndシングル 今後出典:http://nogizaka4646.blogspot.jp/2016/06/46_713.html

他のメンバーについても見てみましょう。列単位でポジションが動いたメンバーを見てみると、渡邉理佐さんと志田愛佳さんが、2列目から1列目に上がりました。「ザ・クール」の二人がフロントになったわけです。センターの平手友梨奈さんを、ダブルわたなべが挟む形になりました。

サイレントマジョリティーのとき以上に、「可愛い路線」よりも、「カッコイイ路線」を取ることが、明確になったフォーメーションといえそうです。

一方で、鈴本美愉さんと小林由依さんが1列目から2列目に下がり、尾関梨香さんが、2列目から3列目に下がっています。序列が下がってしまった理由は明確ではありませんが、鈴本美愉さんと尾関梨香さんについては、握手会の売上が重視された結果かもしれません。乃木坂46の選抜を見ていても分かりますが、フォーメーションを決める際には、握手会の売上がかなり重視されているようです。

関連記事 鈴木絢音と志田愛佳(欅坂46)似てる?クールな目元と笑顔が魅力の美人枠

この二人については、他の1列目、2列目のメンバーと比較すると、握手会の売上が少し見劣りします。ただ、小林由依さんについては、握手会の売上は好調なので、握手会の売上だけでフォーメーションが決まっているというわけではなさそうです。

握手会の売上を重視することについては賛否ありますが、ファンの支持の現われですから、重視するのは当然ともいえます。しかし、色々な個性のメンバーが活躍することができるのがグループアイドルのメリットですから、握手会が苦手なメンバーにもチャンスは与えられるべきでしょう。今回、列が後退してしまったメンバーは、ショックを受けていると思いますが、自分らしさは失わずに頑張って欲しいと思います。

以上、欅坂46の2ndシングル選抜発表を受けて、考察を加えてみました。「KEYABINGO!」の放送も決まって、ますます勢いを増している欅坂46には、これからも要注目です。


スポンサーリンク


この記事が良かったら
いいね!しよう

nogizora2ndを
Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク


乃木空2nd UNEXT 乃木坂46






◢ こちらも読まれています!


元村

元村ライター

投稿者プロフィール

ライターとしての経験は3年程度、八王子市在住です。
メンバー同士で、わちゃわちゃしているところが好きなので、楽曲よりも、バラエティで乃木坂46のファンになりました。
基本的には、「乃木坂46箱推し」で、できるだけ沢山のメンバーに陽が当たって欲しいと思っています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

限定特典が残りわずか!?

齋藤飛鳥1st写真集「潮騒」

【セブンネット限定表紙】

白石麻衣2nd写真集

橋本奈々未2nd写真集

【セブンネット限定表紙】

17thシングル特集記事!

乃木坂46,17th,画像,白石麻衣,センター,寺田蘭世

橋本奈々未ラストシングル特集!

乃木坂16thシングル選抜
Zipper SPRING号(セブン限定ポストカード付き)

【注目記事】君の名は橋本奈々未

59923890

【注目記事】評判が過去最悪のDVD?

乃木坂46 3rd YEAR BD LIVE DVD

【特集記事】3期生は誰を推す?

【乃木坂46・3期生】推しメン決まった?誰がかわいい?年齢出身まとめ

アンケート付き記事一覧

polls
回答結果はこちら
アップ トゥ ボーイ5月号(セブン限定特典付き)

まいまい最後のNOGIBINGO!

秋元真夏1st写真集・真夏の気圧配置

桜井玲香1st写真集・自由ということ

セブンネット限定特典付き

【注目記事】NOGIBINGO!あれこれ

【ピックアップ記事】

  1. 生田絵梨花,振袖,可愛い画像
    2017年1月9日成人の日にフジテレビ系の人気情報番組『ノンストップ』に生田絵梨花さんがゲスト出演を…
  2. 乃木坂46【初】西野七瀬公式インスタ!この画像は写真集で見たいかも
    2016年9月27日に発売された、西野七瀬の2nd写真集「風を着替えて」 いまや乃木坂46のエースと…
  3. 【日経エンタテインメント! 2017年2月号】セブン限定特典は3種
    2017年1月5日発売の「日経エンタテインメント! 2017年2月号」のセブンネット(セブン&アイ)…
  4. 伊藤万理華 デザイナー
    伊藤万理華は乃木坂46の1期生。乃木坂46の中でも特に独自のファッションセンスなど、独特な世界観を持…
  5. イクオ 低体温のキス
    生田絵梨花は、どれだけ私たちを驚かせれば気が済むのだろうか。 彼女自身にそんな意識があるはずも…
  6. 手塚とおる 乃木坂
    こんにちはkeityです。 今回のテーマはちょっと趣向を変えまして、7thシングル「バレッタ」…
  7. 伊藤かりん 生誕祭
    いやぁめでたい!今日(5月26日)は、伊藤かりんの23回目の誕生日ですよ! 最近はグループ内外…
  8. 乃木坂16thセンター!白石麻衣+生駒里奈(または橋本奈々未)を考察
    真夏の全国ツアー&4thバースデーライブを大成功させた乃木坂46メンバー。 休む間もなくセブン…
  9. 【乃木坂46】クリスマスライブ2016!チケット予約方法や公演日時
    LINEの公式アカウントをフォローしているファンなら、もう知っていますよね。きっと今ごろき送られてき…
  10. 乃木坂 15th 選抜
    5月25日に発売される2ndアルバム「それぞれの椅子」、6月29日発売予定の「3rd YEAR BI…

最強メンは誰だ!?

乃木坂 人狼

やっぱ御三家といえば? ※3人まで回答可

vote

読み込み中 ... 読み込み中 ...

3期生は誰を推す? ※複数回答可

vote

読み込み中 ... 読み込み中 ...
br

【総合人気記事】

  1. 乃木坂16th「きっかけ」シングルカットで紅白へ!この筋書きはあるか
  2. 【悲しみの忘れ方】ネタバレ見どころと感想まとめ〜乃木坂という珠玉
  3. NOGIBINGO動画まとめ【一気見】U-NEXTの申込と無料期間の解約
  4. 乃木坂3期生の握手会参加はいつ?16thミリオンへの運営の戦略は
  5. きっかけ 乃木坂46
  6. 齋藤飛鳥 成長
  7. 御三家 卒業
  8. 北野日奈子 学生時代
【夢の先へ】彼女たちの今、そして未来
ページ上部へ戻る