欅坂46 人気と売上好調に潜む影〜格差と序列 ひらがなで広がる不安

欅坂46 人気

「徳山大五郎」が誰のことか、ご存じでしょうか。彼は、私立欅学園3年C組の担任教師です。……何の話をしているのかピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、欅坂46の主演が決まったドラマのタイトルが、「徳山大五郎を誰が殺したか?」なのです。

「サイレントマジョリティー」のヒットが大きな話題になっていますが、冠番組、冠ラジオ、そして、ドラマ主演と、欅坂46の勢いが止まりません。今回は、あえて猛烈な勢いで坂を駆け上がっていく、欅坂46の不安要素について考えてみます。

出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/tokuyama/

スポンサーリンク


ドラマ主演は、少し早すぎないか?

個人的には、ドラマ主演は少し早すぎるような気がしています。アイドルが出演するドラマというのは、そのアイドルのファンがメインの視聴者です。ファンは、アイドルの普段の姿と、ドラマの役柄を重ね合わせながらドラマを鑑賞します。

乃木坂46の「初森ベマーズ」の例でいえば、松村沙友理さんの「ユウウツ」です。ユウウツの演技はファンから高い評価を受けましたが、ユウウツの魅力は、松村沙友理さんの普段の明るいキャラクターと、ユウウツのネガティブで根暗な役柄の対比によるところが大きかったと思えます。

関連記事 松村沙友理が好きな5つの理由〜顔・声・天才的に頭いい・性格・そして…
関連記事 松村沙友理 涙と笑顔〜46時間TVは復活の序章か 声もかわいいりんご姫
関連記事 さゆりんごマジョリティー動画に見る松村沙友理のギャグセンス!
関連記事 手塚とおると乃木坂の絆〜バレッタやマジすかの色気ある演技もかわいい!

今回の欅坂46の場合、まだメンバー全員の個性を掴みきれていないファンも多いように思えます。本人の個性と役柄の個性の一体化(あるいはギャップ)というアイドル出演ドラマの見所ともいえる部分を、打ち出しにくい気がするのです。

セカンドシングルの売上は?

「サイレントマジョリティー」は、女性アーティストのデビューシングルの売上記録を塗り変えましたが、その後も勢いが止まる気配がありません。YouTubeで公開されているMVの再生回数は、2016年5月31日には15,554,857回に達しています。デビューシングルがこれほど売れてしまうと、セカンドシングルの売上がどうなるのか、心配になってしまいます。

セカンドシングルでは、当然のようにサイレントマジョリティーを超える売上が期待されるでしょう。それがメンバーにとって過度なプレッシャーにならないことを祈ります。


スポンサーリンク

ひらがなけやきの活躍の場は?

けやき坂46出典:http://natalie.mu/music/news/186770

「ひらがなけやき」もメンバーが増え、現状では欅坂46が20名、けやき坂46が12名、つまり合計32名です。これは、セカンドシングルでは、おそらく16名が選抜され、欅坂46とけやき坂46がそれぞれ16名という体制になるのでしょう。デビューシングルでは避けることができたグループ内の格差や序列が、これから生じていく可能性があります。

これまでのところ、欅坂46の運営にあたっては、乃木坂46での経験が活かされているように思えます。しかし、これから「けやき坂46」に活動の場が与えられないとなると、なかなか陽の目を見ることができなかった乃木坂46の2期生を含めたアンダーメンバーのような悲劇が生まれかねません。

関連記事 欅坂46の2ndシングルに見る今後〜長濱ねるのひらがな兼任と序列
関連記事 乃木坂46が劇場を持たない理由〜アンダーの活動と人気拡大への課題
関連記事 乃木坂3期生によるメンバー格差の拡大 2期生やアンダーの選抜は
関連記事 乃木坂46アルバム2nd 赤青の意味と序列を考察〜ロケ地は国立新美術館

駆け上がるまで待てない!いや、ちょっと待て

これだけ急に注目が集まると、メンバーのスケジュールが過密にならないかも心配です。現に、体調不良で握手会を欠席するメンバーも出てきています。特に心配なのは、センターを務める平手友梨奈さんです。気のせいかもしれませんが、歌番組などを見ていると、平手友梨奈さんの顔色が悪いように感じることがあります。しっかりしているように見えても、彼女はまだ中学生ですから、あまりオーバーワークになるようだと心配です。

インタビューなどを聞いていると、彼女は、かなり自分に厳しいタイプのようですから、自分を追い込みすぎることがないように、周りのスタッフやメンバーにフォローしてもらいたいところです。

以上、あえて欅坂46の不安要素を挙げてみました。上に挙げたようなことが実際に問題になっていくのか、杞憂(きゆう)で終わるのか、見守っていきたいと思います。ちなみに、「駆け上がるまで待てない!」というのは、「HUSTLE PRESS」というWEBサイトの連載企画の名前でもあります。週2回のペースで、欅坂46のメンバーの写真やインタビューが掲載されているので、ファン必見です。


スポンサーリンク


この記事が良かったら
いいね!しよう

nogizora2ndを
Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク






乃木空2nd UNEXT 乃木坂46


◢ こちらも読まれています!


元村

元村ライター

投稿者プロフィール

ライターとしての経験は3年程度、八王子市在住です。
メンバー同士で、わちゃわちゃしているところが好きなので、楽曲よりも、バラエティで乃木坂46のファンになりました。
基本的には、「乃木坂46箱推し」で、できるだけ沢山のメンバーに陽が当たって欲しいと思っています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

18th【逃げ水】あさひなぐver限定特典!

感動ふたたび!4thバスラ 2016

限定特典が残りわずか!?

白石麻衣2nd写真集

17thシングル特集記事!

乃木坂46,17th,画像,白石麻衣,センター,寺田蘭世
4thバスラ完全生産限定盤BR

【注目記事】君の名は橋本奈々未

59923890

【注目記事】評判が過去最悪のDVD?

乃木坂46 3rd YEAR BD LIVE DVD

【特集記事】3期生は誰を推す?

【乃木坂46・3期生】推しメン決まった?誰がかわいい?年齢出身まとめ

アンケート付き記事一覧

polls
回答結果はこちら
NOGIBINGO!7[初回生産限定]

秋元真夏1st写真集・真夏の気圧配置

【注目記事】NOGIBINGO!あれこれ

【ピックアップ記事】

  1. 【乃木坂46】16thセンターに橋本奈々未が急浮上!函館目撃情報やANNも
    ネタバレやらなんやらで、発表前にも関わらずすでにお腹いっぱいな感もある乃木坂46の16thシングル選…
  2. はるやまCM,乃木坂46,ヘビロテ,黒歴史,かわいい,評判
    突如公開された紳士服のはるやまCMが、乃木坂ファンのみならずAKBファンからも波紋を呼んでいます。 …
  3. 【日経エンタテインメント! 2017年2月号】セブン限定特典は3種
    2017年1月5日発売の「日経エンタテインメント! 2017年2月号」のセブンネット(セブン&アイ)…
  4. あの日僕は咄嗟に嘘をついた
    あの日、もっと相手の気持ちを考えられていたら。  もしあの時、あんなことを言っていなかったとしたら…
  5. 乃木坂46,生まれてから初めて見た夢,3rd,ジャケ写,誰,どれ,画像
    5月24日発売の乃木坂46の3rdアルバム『生まれてから初めて見た夢』。 今回は、初回生産限定…
  6. おしゃれイズム乃木坂きた!自宅や私生活どこまで?白石・西野・生駒篇2
    9月25日放送の吉田沙保里さん回のゲスト欄に【乃木坂46・白石×西野×生駒】と誤報のあった、おしゃれ…
  7. 乃木坂 セブンイレブン 2016 CM
    乃木坂46のセブンイレブンキャンペーン2016に先駆けて、TV版とWEB版のCMが公開されました。W…
  8. 乃木坂46西野七瀬の髪型祭り[FLASHスペシャル秋号]ポニテの破壊力
    すっかり乃木坂46のエースとなった西野七瀬。本日(10月8日)には、代々木第一体育館で行われたガール…
  9. 手塚とおる 乃木坂
    こんにちはkeityです。 今回のテーマはちょっと趣向を変えまして、7thシングル「バレッタ」…
  10. ノギモン,乃木坂46,ひめたんビーム
    ノギモン、知ってますよね? 乃木坂モンスター、略してノギモン! 久しぶりに見て、やっぱり…

最強メンは誰だ!?

乃木坂 人狼

やっぱ御三家といえば? ※3人まで回答可

vote

読み込み中 ... 読み込み中 ...

3期生は誰を推す? ※複数回答可

vote

読み込み中 ... 読み込み中 ...
br

【総合人気記事】

  1. 乃木坂16th「きっかけ」シングルカットで紅白へ!この筋書きはあるか
  2. 【悲しみの忘れ方】ネタバレ見どころと感想まとめ〜乃木坂という珠玉
  3. NOGIBINGO動画まとめ【一気見】U-NEXTの申込と無料期間の解約
  4. 乃木坂3期生の握手会参加はいつ?16thミリオンへの運営の戦略は
  5. きっかけ 乃木坂46
  6. 齋藤飛鳥 成長
  7. 御三家 卒業
  8. 北野日奈子 学生時代
【夢の先へ】彼女たちの今、そして未来
ページ上部へ戻る