『キャバすか学園』視聴率はゲスト頼り?西野七瀬から欅坂46も出演か

『キャバすか学園』視聴率はゲスト頼り?西野七瀬から欅坂46も出演か

本日、2016年10月30日(日)午前0:55~1:25より日本テレビにて、HKT48の宮脇咲良主演『キャバすか学園』のゲストとして乃木坂46の西野七瀬が出演します。

なぜ、AKB48のドラマに西野七瀬がゲスト出演するのかと思った人も多いはずです。

マジすか学園シリーズは48グループのドラマでAKB48の卒業メンバーである前田敦子主演から続く人気ドラマで、まさか、乃木坂46の西野七瀬が出演するのが不思議な感じを受けたのは私だけではないはずです。

出典:https://geinou-news.jp/articles/akb48-キャバすか学園-cast-まとめ

スポンサーリンク


『キャバすか学園』の視聴率

 
前作『マジすか学園5』は1、2話が日本テレビで放送され、深夜ドラマでの視聴率は、4.9%、3.1%と高視聴率でした。また、『マジすか学園4』から続く、深夜ドラマの視聴率の首位を維持してきました。

マジすか学園は48グループのメンバーが不良役で喧嘩をしててっぺんを目指すというようなストーリーで、人気ドラマです。しかしながら、『キャバすか学園』はどうでしょうか?

48グループメンバーがキャバ嬢の役でそのお店の一番を目指すのだろうなっていうのは、想像はつくのですが、それは私が大人だからであって、キャバ嬢がどういった職業でどういった仕事をしてるかはわかりますが、低年齢層の学生などはキャバクラでキャバ嬢という職業が容易に想像つくでしょうか。

なかなか子供にみせないという家庭があるとしてもおかしくないことでしょう。そんな思いがあったとしたら、48グループのファンだけ見ても視聴率を維持することができないということで乃木坂46の人気メンバーである西野七瀬を起用するという48グループの思惑が見え隠れしてしまいます。

乃木坂46の人気メンバーとAKB48の人気のかげり

『キャバすか学園』視聴率はゲスト頼り?西野七瀬から欅坂46も出演か出典:http://akb48taimuzu.livedoor.biz/archives/46725604.html

AKB48の人気メンバーによる度重なるスキャンダルと卒業が乃木坂46の人気メンバーにゲスト出演になったのではないでしょうか。

48グループでよくいわれるのは、次世代センター、次世代エースと呼ばれるメンバーはたくさんいて、もちろん、そういったメンバーが今回も『キャバすか学園』の主要な役として出演していますが、本当のセンター、本当のエースが育っていないという実情があります。

また、人気メンバーもいつ卒業するかもわからない状況で、そのメンバーが卒業しまったら、48グループは本当に運営が難しくなってしまいます。そんな中、乃木坂46の人気メンバーをゲスト出演させることになったのではないでしょうか。

 
CDの売り上げでは、48グループが人気高いように見えますが、人気陰りのみえる48グループよりも人気急上昇中の欅坂46を要する坂道グループの方がゲスト出演でもいいからドラマに参加させたいという思惑が西野七瀬の『キャバすか学園』ゲスト起用になったのではないでしょうか。


スポンサーリンク

『キャバすか学園』の欅坂46のゲスト出演の可能性

キャパすか出典:http://www.ntv.co.jp/kyabasuka/

西野七瀬に続いての欅坂46の出演はあるのかというと考えると十分にありえます。主演である宮脇咲良は自分でも発信しているように大の欅坂46のファンです。

Showroomでも、テレビ番組で披露した『サイレントマジョリティー』の振付けをしたり、欅坂46の3枚目のシングルの選抜発表時には、センターはやっぱり、てちこ(平手友梨奈)だと思ってたと興奮していました。

関連記事 平手友梨奈(てちこ)の魅力〜天才中学生たるカリスマ性と身長の伸び
関連記事 生駒里奈と平手友梨奈のマネキンポーズの破壊力!やっぱ逸材だ
関連記事 欅坂46のリアクションやバラエティ力に見る乃木坂46への猛追!
関連記事 乃木坂46西野七瀬は設楽派?日村派?バナナマンお兄ちゃんは実は恐い?
関連記事 乃木坂46【初】西野七瀬公式インスタ!この画像は写真集で見たいかも

そんな欅坂46の大ファンの宮脇咲良のために欅坂46の人気メンバーをゲスト出演させたいと思うかもしれません。さすがに、キャバ嬢役としての欅坂46のメンバーの出演は年齢的になさそうです。『キャバすか学園』の出演メンバーをみても18歳以上のメンバーが中心になっています。

 
西野七瀬の妹役、出演俳優さんの娘役、通行人などの可能性はあります。欅坂46と48グループの音楽番組での絡みはまだまだ少ないものですが、欅坂46と48グループの本格的なコラボが実現する日も近いと思います。

今回のまとめ

前作の『マジすか学園』の視聴率を乃木坂46の西野七瀬のゲスト出演により首位を維持できるのか。欅坂46のゲスト出演があるのかどうか。

私はななませまるが好きですので、放送が毎回楽しみです。


スポンサーリンク


この記事が良かったら
いいね!しよう

nogizora2ndを
Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク


乃木空2nd UNEXT 乃木坂46






◢ こちらも読まれています!


あくしゅRing坂道ライター

投稿者プロフィール

乃木坂のことを日々、応援してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • すぐわかる
    • 2016年 10月 30日

    西野分の視聴率の上乗せだろう。
    ゲスい大人の事情だろう。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

限定特典が残りわずか!?

齋藤飛鳥1st写真集「潮騒」

【セブンネット限定表紙】

白石麻衣2nd写真集

橋本奈々未2nd写真集

【セブンネット限定表紙】

17thシングル特集記事!

乃木坂46,17th,画像,白石麻衣,センター,寺田蘭世

橋本奈々未ラストシングル特集!

乃木坂16thシングル選抜
Graduation高校卒業 2017

【注目記事】君の名は橋本奈々未

59923890

【注目記事】評判が過去最悪のDVD?

乃木坂46 3rd YEAR BD LIVE DVD

【特集記事】3期生は誰を推す?

【乃木坂46・3期生】推しメン決まった?誰がかわいい?年齢出身まとめ

アンケート付き記事一覧

polls
回答結果はこちら
乃木坂46SELECTION PART4

まいまい最後のNOGIBINGO!

秋元真夏1st写真集・真夏の気圧配置

桜井玲香1st写真集・自由ということ

セブンネット限定特典付き

【注目記事】NOGIBINGO!あれこれ

【ピックアップ記事】

  1. 乃木坂 セブンイレブン 2016 CM
    乃木坂46のセブンイレブンキャンペーン2016に先駆けて、TV版とWEB版のCMが公開されました。W…
  2. 乃木恋 CM
    2016年4月26日配信開始されたスマホゲームアプリ「乃木恋(NOGIKOI)」 ゲームジャンルは、…
  3. AKB48 握手会,レポ,待ち時間,乃木坂46,会場,開催地,大阪,幕張
    2016年11月3日神奈川県のパシフィコ横浜で行われたAKB48『LOVE TRIP / しあわせを…
  4. 乃木坂46 劇場
    AKB48の公式ライバルとして誕生した乃木坂46のAKB48との明確な違いの一つが、専用劇場を持って…
  5. 乃木坂46,京都パルスプラザ,握手会,会場,混み具合
    また、京都パルスプラザでやるのか…。 そんな風に思われた方、いらっしゃるのではないでしょうか?…
  6. 鈴木絢音 プロフィール
    今回は、乃木坂46の2期生あーちゃんこと鈴木絢音を、wiki風プロフィールで紹介したいと思う。 …
  7. 川後陽菜 あだ名
    乃木坂46の鬼才、川後陽菜。彼女の才能はとどまるところを知らず、バラエティ番組などで数々の功績を残し…
  8. 乃木坂46ポジション歴代まとめ【衛藤美彩】ミス”不遇”から選抜常連へ
    乃木坂46のシングル歴代ポジション衛藤美彩篇です。 乃木坂46加入前から芸能界で活動していたメ…
  9. 乃木坂46『伊藤まりかっと。』が「まりっか'17」を軽く越えた!?
    3月22日発売の乃木坂46・17thシングル『インフルエンサー』に収録される個人PV。3期生を含むメ…
  10. まいやん ななみん
    橋本奈々未さんの卒業ライブ、めちゃくちゃ行きたかったんですけどチケットが取れず・・・。僕は勝負時に運…

最強メンは誰だ!?

乃木坂 人狼

やっぱ御三家といえば? ※3人まで回答可

vote

読み込み中 ... 読み込み中 ...

3期生は誰を推す? ※複数回答可

vote

読み込み中 ... 読み込み中 ...
br

【総合人気記事】

  1. 乃木坂16th「きっかけ」シングルカットで紅白へ!この筋書きはあるか
  2. 【悲しみの忘れ方】ネタバレ見どころと感想まとめ〜乃木坂という珠玉
  3. NOGIBINGO動画まとめ【一気見】U-NEXTの申込と無料期間の解約
  4. 乃木坂3期生の握手会参加はいつ?16thミリオンへの運営の戦略は
  5. きっかけ 乃木坂46
  6. 齋藤飛鳥 成長
  7. 御三家 卒業
  8. 北野日奈子 学生時代
【夢の先へ】彼女たちの今、そして未来
ページ上部へ戻る